転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  履歴書・職務経歴書 >  職務経歴書のポイント



スポンサードリンク

職務経歴書のポイント

即戦力が求められる転職者の求職活動において、
最も重要とされるのが、職務経歴書です。

新卒者はその人材を見るだけですが、転職者の場合、どんな仕事を経験し、
どんな実績を積んでここまでやってきたのか、何が出来るのかを、
採用する側にはとても気にします。

では、良いとされる職務経歴書はどのようなものでしょうか。
一般的に長さとしては、A4用紙2枚程度に収まるものが望ましいとされています。
長くダラダラと書かれた職務経歴書では、読むだけで疲れてしまいますし、
この程度のことをまとめる能力すらないと、不採用の理由にもなってしまいますね。

内容として重要なことは、年齢に応じたキャリアやスキルが形成されていることです。

応募する企業の職務内容にあわせ、自分の今までの経験・キャリアが、
きちんと役に立つということをアピールすることが重要です。
なので職務経歴表は応募する企業によって使い分けなければなりません。

長い期間携わったとか、大きな貢献ができたなど、
自信のある実務経験などがあれば、そういったことを特に強調するなど、
メリハリある実務経歴書が好まれるようです。

専門職や技術職など、具体的な事例がたくさんある場合は、
別紙としてまとめたほうが、より強弱のつく、わかりやすい職務経歴書となります。
ただ、女性の場合、一般事務などの仕事を執り行っていたため、
明確な業務実績などがあげにくい場合もありますよね。

そういった場合は、実務経験につながる、資格やPCスキルなどの自己アピール欄を設けて、
就労した企業の規模や部署など、仕事の実績を具体的な数字で表していきましょう。

転職の際には欠かせない職務経歴書
作り方次第では強い味方になりますので、是非納得のいくものを作って、
応募企業にアピールしていきましょう。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  履歴書・職務経歴書 >  職務経歴書のポイント