転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  就職と資格 >  介護福祉士はニーズが高い



スポンサードリンク

介護福祉士はニーズが高い

今ニーズの高い資格といえば「介護福祉士」。

介護福祉士の国家資格は1987年にできました。
そして年々介護福祉士資格の登録人数は増えています。
高齢化に伴い介護への関心そして介護福祉士へのニーズが高まっているためでしょう。

この介護福祉士の資格を取るための筆記そして実技試験があるのを知っていますか?
介護福祉士の国家試験、筆記試験は想像ができるけど、
実技試験がよくわからないくて不安だという人もいるでしょう。

そこで実技試験のポイントについて少しご説明します。まず身だしなみ、
声かけがとても大事です。また約5分と時間が短いので試験で慌てないように
立ち回りの練習を何度もやって体が覚えるくらいにしておくことが大切です。

介護福祉士の国家試験は1次の筆記試験が終っても、
その後に2次の実技試験があるので、二つが終るまで気を抜くことができません。

一次が受かったら残るは5分ほどの実技のみ。
ここで失敗しないためにも、実技試験の前には声を出す練習、実技を
スムーズにする練習を繰り返し行って、最後まで気を抜かないことが大切です。

介護の需要が増えると同時に介護福祉士の需要も増えています。
将来的にも介護福祉士は大きな可能性を秘めた職業です。
その期待の介護福祉士になるためにはまず、国家試験の筆記そして実技試験をクリアし、
資格を得ることが大切です。夢に向かって困難をクリアしてくださいね。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  就職と資格 >  介護福祉士はニーズが高い