転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  女性の転職 >  結婚と女性の転職



スポンサードリンク

結婚と女性の転職

女性が転職をする際、最もネックとなることの一つは、結婚や出産に関することではないでしょうか。

最近は男女の就職について差別がなくなってきたとはいっても、
女性は適当な年齢になればいずれは結婚して、出産するという可能性があります。

採用する側の会社としても、せっかく仕事を覚えてもらった途端に、
結婚・出産などの理由によって、退職や休職をされるのは、
それは「おめでたいこと」ではあるのですが、会社としては困ることでもあるのです。

そのため、20代半ばから30歳にかけて、結婚適齢期といわれる年齢の転職の場合、
特に「雇ったはいいが、直ぐ結婚やなにやらでやめられるのではないか?」
と思われてしまうことがどうしても多くなるようです。
そのため、採用する側としては、同じような条件の男性と女性が居た場合、
女性が不利となってしまうということになります。

また、子供がいると、子供に関する行事や病気などで遅刻や早退などが
増えてしまうのということもどうしてもありますよね。
もちろん、育児をする上では、配偶者と協力するということは大切ですが、
世間一般の風潮をみても、たとえば子どもが風邪で熱を出したときに、
「休ませてください」といいやすいのは、やっぱり女性ですよね。

「夫の理解もあるし、仕事を第一とします!」と、
配偶者の理解を既に得られていたとしても、先に働いていた女性の従業員が、
そのような理由で退職したり、遅刻や早退が多かったりと、
そういう実例を見てきてしまったら、採用する会社側としては、
どうしても採用することを敬遠しがちになってしまいます。

女性が転職する場合は、こういった問題についても、よく考えて、
慎重に就職の戦略をたてていきたいものです。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  女性の転職 >  結婚と女性の転職