転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  面接時の注意点 >  面接での自己アピール



スポンサードリンク

面接での自己アピール

転職就職面接を何度か経験すると、
同じような質問が繰り返されることに気がつくことでしょう。
中でも多いのが「志望動機」と「自己アピール」ではないですか?

特に自己アピールは、短い面接時間の中にあって、
応募者の考え方や人間性、人物像を知ることができる
有効な「手段」として、活用している面接担当者が多いようですね。

一般的に5分前後の時間を与えられて、応募者が自己アピールします。
しかし中には、10分以上の長い時間を与えられる場合や、
1、2分の短い時間になる場合もあり、企業によって色々です。
面接担当者が重視するということは、言い換えてみると、
自己アピールが上手くできれば、採用される可能性が高いということです。

応募者にとっては自分自身をアピールできる絶好のチャンス!
この短い時間の中で、今までのキャリアや得意分野、
性格の長所などを要領良くアピールできるかどうかによって、
合否が左右されると言っても過言ではないでしょう。

しかし、実際の面接場面になると、うまく自己アピールできずに、
印象を悪くしてしまう人が少なからずいるのも事実。
自己アピールなんか簡単だと思っている人であっても、
本番では力を出し切れない場合があるのが
自己アピールの怖いところなのです。
なぜ上手くいかないのか?
それははっきり言って【準備不足】です。

一度試しに時間を計って自己アピールしてみてはどうでしょう?
1分間、3分間、5分間、それぞれの時間内にどれだけ効果的に
アピールできたでしょうか?

録音してみて聞きなおすのもいいですね。
また友人や家族に聞いてもらうと、
より客観的な評価をもらえるかもしれません。

準備はアピールポイントをすべて紙に書き出します。
応募しようとしている企業の業種に合わせ、
自分のキャリアのどの部分をアピールするのか、
そして自分の長所が企業の発展にどう寄与するのかなどを、
具体的に書き出して、ゆっくりとした口調で話してみて
時間内に収まるように調整していきます。

この練習の繰り返しが本番の面接で実を結ぶわけです。
何を言いたいのか分からないような自己アピールや
話始めと終わりで矛盾するような
自己アピールは避けなければなりません。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  面接時の注意点 >  面接での自己アピール