転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  転職・就職 豆知識 >  第二新卒者の転職



スポンサードリンク

第二新卒者の転職

第二新卒者と呼ばれる(社会人1~3年目)の方の
転職が増えてきているようです。

かつては、「石の上にも3年」などと言われて、
3年間は頑張ってみてからという方が多かったのではないでしょうか。
確かに、「石の上にも3年」と言う言葉にも一理あります。
社会人の方ならどなたでも痛感するところがあると思います。

しかし、残念ながら学生時代の情報収集には限界がありますし、
現実に入社してみないとわからないこともたくさんあります。
入社後、すぐに会社選びを間違えたと思うことも実際にあるのでしょう。

そういう場合は、3年我慢するのが良いとは限らないのです。
本当にやってみたい仕事とかけ離れた仕事を3年間やった後、
転職活動をしても希望する会社には「技術・経験がない」と判断されて
不採用になる場合も多いようです。
それでは3年の我慢も意味が無いですよね。

早めに、希望の会社に転職するのに必要なスキルを磨く方が、
後々のためにも賢明な場合があるのです。

しかし、注意してほしい点があります。
それは入社後1年未満で退職された方には、
「忍耐力がない人物」ということで、採用を見合わせる企業があること。
ですから、入社後、すぐに転職を考えても早まらないことです。
転職するにしろスキルアップのために、今の会社で学べるものは、
すべて学んでおこうという姿勢で積極的に仕事に取り組んでみましょう。

業績があがってきて今の会社・仕事が楽しくなったという方や
転職時の実績証明に役立ったと言う方もおられます。
転職するにしても、転職のタイミングをじっくり見極めながら
価値ある時間を過ごしましょう。
今何ができるかを改めて考えてみましょう!

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

転職・就職・退職・適職診断 お仕事探しの豆知識Top >  転職・就職 豆知識 >  第二新卒者の転職